NISSAN / PAO Vol.14

ドアのサビついたキズをエアータッチ補修する

  • はてなブックマーク
  • LINE

こんにちは。
ドアミラーの金具のサビを落とす」「タッチアップ塗装でキズを目立たなくする」に続き、今回もまたサビついたキズに関するお手入れがテーマとなります。
どんなキズかというと。こちら。

211104_1

恐らくドアを開けた時にぶつけて、そのまま放置しサビになってしまったのでしょう…。
何度も言いますが、今回のパオはやっぱりサビが多いです。
211104_2
ボディ側もサビてはいませんが小さいキズがあります。

211104_3
今回使用するアイテムはこちら。

211104_4
サンドキューブ
マスキングテープ
幅広マスキングシート
シリコンオフ チビ缶
オーダーショップタッチアップ エアータッチ対応セット
エアータッチ
ボデーペン ボカシ剤

まずは磨き作業からはじめていきます。
今回はエアータッチ塗装となりますので、『サンドキューブ』を使ってサビを取り、キズの段差をなくす【下地作り】をしていきます。

211104_5
サンドキューブ』はキューブ型ですが、れっきとしたサンドペーパーです。
四角のそれぞれの面に番手の異なるサンドペーパーが付いており、順番に面を変えて磨いていくだけ。
ペーパーの研磨面に「②」「400番」「段差をならす」などと、番手以外に順番と使用用途がしっかり印字されているので、「いつどんな時に使うのか」がわかりやすく、使い方がシンプルでかんたんなので、補修初心者、サンドペーパー初心者の方でも使いやすいサンドペーパーです。

①→②→③→④と順番に使っていけば間違いはありません。

まずは①の「ササクレの除去、塗膜を剥がす」240番から使っていきます。
サンドペーパーと同じように『サンドキューブ』も水につけて、面で磨いていくだけ。

211104_6
初めは塗装が削れていく様にちょっとドキドキしますが、磨いているうちにサビが段々と取れてきました。

211104_7
211104_8

次に、②の400番で磨いて、段差をならしていきます。

211104_9
次に、③の600番で、磨き跡を消していきます。面を変えるたびに水を付けるのを忘れずに。

①→②→③と磨いた時点での状態はこのような感じになりました。
サビはキレイに取れて、段差もなくなり、素地の金属も見えています。

211104_37
最後に④の800番で磨いて、塗装の下地を仕上げていきます。

211104_11

211104_12
反対側の小キズも同じように磨いてこのような状態になりました。

211104_14
次に『シリコンオフ チビ缶』をスプレーし、補修作業にとても大事な脱脂作業も忘れずにしておきます。

211104_15
下地作りはこれでOK!

あとは、【塗装】の準備に入ります。塗装前にやること。それはマスキングです。
マスキングテープ』でボディ以外の部分、ドアノブや鍵穴などをしっかりふさいでいきます。

211104_16

211104_17
ドアの裏側もしっかり。
211104_18
次にシートとテープが一体型となった『幅広マスキングシート』を使って、車内にも塗料が入らないようにしていきます。

211104_19
マスキング…地味に面倒くさい作業だなとは毎回思うのですが、やらないと絶対に後悔するので作業はマストです!

マスキング作業が終わったら、塗料を準備!
今回のパオのカラーは特注色となりますので、『オーダーショップタッチアップ エアータッチ対応セット』を準備しました。

211104_20
セットに入っているこちらの「オーダーショップタッチアップペン充填容器」に「エアータッチ専用ボトル」に塗料を移し替えます。こぼさないよう慎重に…

211104_21
蓋をしたら容器をしっかり振っておきましょう。

211104_22
充填できたら、いよいよ『エアータッチ』を装備していきます!

211104_23
エアータッチ』を使うには、まずは付属の「クイックアダプター」を容器に取り付けてから、

211104_24
エアータッチ』に取り付けます。これで塗装の準備は完了!!

211104_25
あとはキズよりも少し広めに、上から下へスプレーしていくだけです。
シュッ、

211104_26
シュッ、
211104_27
シュッ、と。
211104_28
一度塗りでここまで!
見えていた素地の金属は1回塗りだけで結構隠れたと思います。

211104_29
少し時間をおいてさらに重ね塗りしていきます。

211104_30
塗り重ねている間に、反対側(ボディ側)もスプレー。

エアータッチ』による塗装が完了したら、最後は仕上げの工程です。
今回はオーダーショップで製作した塗料ということで、『エアータッチ仕上げスプレー』ではなく『ボデーペン ボカシ剤』を使い、『エアータッチ』で塗装した部分と元の塗装部分との差がわからないようにしていきます。

211104_31

ボデーペン ボカシ剤』を使用する時は、
・使用前に容器をよく振り、中の玉の音をたてながら塗料を混ぜる。(スプレーするごとによく振る)
・約15~20センチほど離してスプレーする
・ボカシ剤は乾きにくいので液ダレしないよう、1カ所に大量にスプレーしないよう注意する。
というところもポイントです。

ボデーペン ボカシ剤』をスプレーした後はこのような感じに!

211104_32

ボディ側もなかなかきれいに塗装できました。
マスキングしている部分のスプレーの周囲への飛び散りもご覧のように。マスキングってほんとうに大事だと痛感しました。

211104_33

最後にマスキングを慎重に剝がして(ここ大事です!)、今回の塗装作業は終わり。
いかがでしょうか。若干の塗装した感じは残りましたが、ほぼほぼ色も合っていて自然に仕上がったのではと思います。

211104_34
ボディ側もこのような仕上がり。もうどこにキズがあったかはわかりません!

211104_35
元のサビサビの状態から比べると、じゅうぶんキレイに仕上がったので大満足です。

211104_1

211104_36
エアータッチ塗装は比較的初心者でも簡単な塗装方法です。
愛車のボディに小さいキズなどがあるという方は是非参考にしていただければと思います。
次回もお楽しみに!