離れて見たら目立たない表面をこすったキズの補修(バンパー)|車の傷のDIY補修・塗装なら補修ナビ

表面をこすったキズ(バンパー)の補修

GOOD

離れて見たら目立たない

  • 3工程
  • 20
  • 2,500
この補修の仕上がりイメージ
補修前のイメージ
BEFORE
補修の仕上がりイメージ
AFTER

※タッチアップペン定番カラー使用時

油分や汚れを落とす

?

工程をクリップできます。クリップした工程はクリップリストページよりご覧いただけます。

油分や汚れを落とす

補修する前に車体の汚れを十分落としてから、シリコンオフをスプレーしてキレイなタオルで拭きます。※キズ口がささくれだっている場合、研磨にはサンドキューブが便利です。
塗装の前には必ず脱脂しておきましょう。

サンドキューブについて

ペイント補修の大敵は油分です。塗装面に油分が残ったままだと、せっかく塗ったペイントが後からはがれ落ちる原因になります。

この工程に必要な商品

エアータッチでスプレー

エアータッチでスプレー

タッチアップペンをよく振った後、エアータッチにセットされているクイックアダプターを取り付けたタッチアップペンをエアータッチに装着し、エアータッチをキズから少し離して(6~10cmを目安に)キズと平行に動かしながらスプレーしていきます。

一度に厚塗りしようとすると液ダレの原因になります。数回に分けて塗り重ね、徐々にキズを隠していくのがコツです。

一度に厚塗りしようとすると液ダレの原因になります。数回に分けて塗り重ね、徐々にキズを隠していくのがコツです。
ホワイトパール系やイエロー、レッドなど明るいカラーについては、特性上隠ぺい力が低いため、塗り重ね回数が多くなります。
キズが隠れたら、塗ったところだけが目立たないように、最後に少し広目にスプレーして周囲をぼかすようにするとよりキレイに仕上がります。
もし塗料がタレてしまった場合は、エアータッチ専用やり直しスプレーで一旦塗料を落とし、もう一度初めから塗り直して下さい。

この工程に必要な商品

仕上げスプレーでさらにキレイに

仕上げスプレーでさらにキレイに

カラーペイントが完了したら乾かないうちにすぐ、塗装した部分より少し広い範囲に液ダレが出ないよう少しづつ様子を見ながらスプレーしてください。元の塗装との境目をぼかして目立ちにくく、ツヤを出すことができます。

カラーペイントが完了したら乾かないうちにすぐ、塗装した部分より少し広い範囲に液ダレが出ないよう少しづつ様子を見ながらスプレーしてください。元の塗装との境目をぼかして目立ちにくく、ツヤを出すことができます。

塗装したペイント周囲の白っぽいザラザラが解消!

たったこれだけで、ここまでキレイに!

たったこれだけで、ここまでキレイに!

『エアータッチ』をスプレーするだけの簡単な補修で、表面をこすってしまったバンパーのキズを、離れて見ると目立たないようにすることができます。さらにキレイに仕上げる補修方法もありますので、是非チャレンジしてください。

この補修に必要なペイントカラーを検索

PAGE TOP

クリップ