NISSAN / PAO Vol.19

ウォッシャー液を交換して、エンジンルームをクリーニングする

  • はてなブックマーク
  • LINE

こんにちは。
前回、「ワイパーを交換する」でパオのワイパーを撥水タイプのワイパーに交換しましたので、せっかくなのでウォッシャー液も撥水タイプの「ガラコウォッシャー」を補充しておきたいと思います。

ウォッシャー液を交換する時に目にするのが、エンジンルームの汚れ。
普段目に触れない場所ですが、せっかくやってきてくれたパオですから、見えない部分までしっかりきれいにしておきたいと思います。
とはいえ、エンジンルームは水も使えないですし、どうすればよいかわからなかったのですが・・・
ありました。ちょうど良いお手軽専用アイテムが。

211209_1
それは『フクピカ エンジンルーム専用拭くだけシート』。
その商品名の通り、水を使わず拭くだけでエンジンルームの油汚れやホコリなどの汚れをズバッとかき取り、水を使わなくてもそこそこキレイにできるシートタイプの専用クリーナーです。

使い方もシートを取り出してサッと拭くだけなので、とにかく手軽!

211209_2
211209_3
211209_4
ウォッシャータンクの上をひと拭きしただけで、こんなにシートに汚れがついています。

211209_5
ウォッシャータンクも元の状態と比べると、

211209_6
拭くだけでスッキリ。

211209_7
シートは写真のようにメッシュ状になっていて、破れにくく丈夫な中にも柔軟性もあり、とても拭きやすいです。

211209_8
パオのエンジンルームもボディカラーのブルーグレーのパーツもありました。

211209_9
フクピカ エンジンルーム専用拭くだけシート』でサッと拭けば

211209_10
ブルーグレーのエンジンルームも少しきれいに見えるようになりました。

211209_11
手が届く場所を中心に、エンジンルーム全体をサッと拭いて、

211209_12
完全に汚れを取り去ることはやはり厳しかったですが、全体のホコリっぽさはなくなりました。

211209_14
最後にウォッシャータンクに「ガラコウォッシャー」を補充します。
撥水タイプのウインドウォッシャー液を使用する際は、予めタンクに残っているウォッシャー液を完全に空にした状態で使用するようにしてくださいね。
パオは車体が低いせいか、少し補充には苦労をしました。(ウォッシャー液を補充する時は、念のため、じょうごを準備しておくことを付け加えておきます)

211209_15
ちなみに、今回補充した『ガラコウォッシャーパウチパック2L』は雨の日にワイピングするだけで、汚れを落としながら、フロントガラスに撥水効果を付与するので雨の日の運転でも視界はバッチリになりますよ。
211209_16
前回のワイパー交換に続き、今回はエンジンルームのお手入れとウォッシャー液の補充を行いました。

さて、レトロカー再生への道、パート3。パオ篇も次回で20回。そして、いよいよ最終回!最後の“パオ再生への道”もどうぞお楽しみに!
 

 

自動車のDIY補修は99工房ブランドサイト「補修ナビ」!!

初めてでもできる!キズの程度に応じて愛車のDIY補修にぜひチャレンジしてみてください。

99工房ブランドサイト「補修ナビ」は、このバナーをクリック↓↓↓