NISSAN / PAO Vol.9

ブラックパーツのツヤを再生する

  • はてなブックマーク
  • LINE

みなさん、こんにちは。
前回は、コンパウンドで塗装を磨いてキレイにするという作業を行いました。
今回はブラックパーツ(未塗装樹脂、ゴム、ルーフモール)のツヤの再生を行っていきたいと思います。自動車にはブラックパーツは欠かせないもので、車の印象を決める重要なパーツですよね。
これまでの「PEUGEOT-106」や「FIAT-PANDA」もそうでしたが、「NISSAN-PAO」のように30年以上も経過した車のブラックパーツでは白く劣化した様子が見られました。
原因は紫外線、気温上昇による熱の影響や、雨による汚れなど…残念ながらどうしてもレトロカーでは避けられないものです。そして、ここが白くなっていると見た目があまりよくない…ということで、定期的にメンテしておくこともおすすめのパーツです。

今日の主なタスクはこちら。

●白化した未塗装樹脂パーツの光沢を復活させる
●白化したゴムのパーツの光沢を復活させる

今日のテーマにはやはりこれしかない、ということで『99工房モドシ隊 ゴム&未塗装樹脂光沢復活剤』を使います。
99工房モドシ隊 ゴム&未塗装樹脂光沢復活剤』は、大気反応型のFlex硬化被膜で黒艶・質感が復活するアイテムでその効果は約6か月。大体半年を目安に塗り直していただくと常に黒々としたブラックパーツのツヤがキープできます。

99工房モドシ隊 ゴム&未塗装樹脂光沢復活剤』の一番ポイントと言えるのは、硬質の未塗装樹脂だけでなく、ゴムパーツやルーフモール、ウェザーストリップなどの柔軟素材・軟質樹脂パーツにも使える点です。

210930_1

また、『99工房モドシ隊 ゴム&未塗装樹脂光沢復活剤』には、コート剤のほか、硬質樹脂用スポンジ、軟質樹脂用スポンジ、脱脂用のシリコンオフシート(3枚入り)、手指保護用の使い捨て手袋も付いていて初心者でも手軽にトライしやすい便利なキットです。

210930_2

リア部分には全面開放できるウインドウがついているなど、とてもおしゃれで印象的なパオ。その分、ブラックパーツは多いイメージ。特に劣化が気になった部分は、まずリアのウインドウ周り。

210930_3

開閉するために取っ手がついていますがここが未塗装樹脂でかなり白化しています。そして、すぐ下にはすっかりくたびれたゴムパーツ。

210930_4

そして、昔懐かしい三角窓がついたサイドウインドウ周り。

210930_5

よく見ると・・・ご覧ください。“ブラック”パーツではなく、“グレー”パーツか?というくらいの状態です。

210930_6

リアの取っ手部分の未塗装樹脂から作業をスタート。
まずは「シリコンオフシート」で脱脂を行います。「シリコンオフシート」は付属されていますので、別途、脱脂剤を準備しなくていい点、あとは、シートタイプで飛び散りを気にすることなく使える点も良い感じです。

210930_7
210930_8

脱脂の次は、長い方のスポンジ(硬質樹脂用スポンジ)の黒い面にコート剤を付けていきます。
手指保護用の手袋はスポンジを持つ側(利き手)につけておくとよいと思います。

210930_9
スポンジに液をつけたら、あとは塗っていくだけ。
ブラックパーツはバンパーやカウルトップ、タイヤハウス周りなど面積が広い部分も多いですが、このスポンジの形が絶妙でちょうど良い塗りやすさです。

210930_10

一度塗っただけで、明らかにツヤがよみがえったことがわかります。

210930_11

塗り込んでから5分ほど乾燥させたあと、付属の拭き上げシートで拭き上げれば作業は完了です。

210930_12

どうでしょうか!この簡単さでこの仕上がり!

210930_13

今度は、周囲のゴムパーツを作業していきます。先ほどと同様、「シリコンオフシート」で脱脂をした後に、今度は四角い形状のスポンジ(軟質樹脂用スポンジ)を使ってコート剤を塗り込んでいきます。

210930_14

ゴムパーツは未塗装樹脂と違い、一度塗っただけではすぐに染み込んでしまい、あまり黒さを感じられないので、何度も塗り込むのがコツです。

210930_15

最後に拭き上げ用シートで拭き上げて完了!

210930_16
このような感じでツヤがよみがえりました!

210930_17

Beforeがこちらで

210930_3

Afterはこちら。

210930_18

特に取っ手の未塗装樹脂パーツは一目瞭然です。
完全硬化には1日程度必要となりますので、施工後24時間は触ったり濡らしたりしないように注意です。(突然の雨降りには要注意です!)

続いて、三角窓のあるサイドウインドウのモールも同じ手順で施工いきます。

210930_19

ザラザラして劣化の激しいモール。Beforeがこちらで

210930_6

Afterがこちら。光沢が出たことによって、ヤレた感じは若干マシになったように見えるようになったと思います!

210930_21
サイドウインドウのゴムパーツ、モールも遠目で見てもパキッと黒くなっていることがわかります!
フロントウインドウのモールなど、全体を仕上げて作業は終了。

210930_28
210930_29
SUVなど最近の車にも、ブラックパーツが多く採用されている車も多いですよね。

レトロカーに限らず、未塗装樹脂パーツやゴム、モールなどは定期的にケアして、黒いツヤや光沢を与えておくことで、車全体がパキッとしてよりキレイに見えて、印象は確実に変わってきます。
ぜひ塗るだけで手軽にブラックパーツのツヤや光沢を復活させることができる『99工房モドシ隊 ゴム&未塗装樹脂光沢復活剤』を試してみてくださいね。

それでは次回もお楽しみに。