PEUGEOT / 106 Vol.11

ウエザーストリップを補修する

  • はてなブックマーク
  • google+
  • LINE

みなさん、こんにちは。

これまでは車の外装の再生を実施してまいりましたが、今回から3回にわたって車の内装を再生していきたいと思います。

まずはこちら、運転席側のドアなのですが、

SONY DSC

 

よく見るとわかるように、運転席のウエザーストリップが少しはがれてしまっております。

SONY DSC

 

このままの状態で放置しておくと、徐々にハガレが広がり、いずれドアがしっかり閉まらなくなったり、しまっていても車内に雨が入ってきたりする原因になりますので、ウェザーストリップのハガレを補修していきたいと思います。

まず、はがれている部分のチェックです。ちょうどカーブしている部分がはがれておりますが、ゴムが切れてしまったり、欠けてしまったりはしておりませんので、しっかりとボディと接着できれば元に戻りそうです。

SONY DSC

 

では、さっそく補修作業にかかりたいと思います。 今回の作業で使用するアイテムはこちら

170817_03

 

防振・防水ブチルテープ』で補修していきたいと思います。こちらの『防振・防水ブチルテープ』は粘着素材が、強力な粘土のような素材ですので、今回のようなまっすぐな場所だけでなく、複雑な形状の箇所でもテープを成型して使用することができます。

テープを貼る前に、こちらの『シリコンオフシート 5枚入り』で、

SONY DSC

 

使用する箇所の汚れや油分を除去しておきます。接着面となるボディ側もゴム側もきれいに拭き上げます。

SONY DSC

 

続いて、接着面に合わせ必要なサイズに『防振・防水ブチルテープ』をはさみでカットし、 テープがむき出しの面を、ウエザーストリップに貼っていきます。

170817_08

 

ウエザーストリップ部分に、テープを指を押し当ててしっかり貼り付けたあと、剥離紙をはがして、

170817_09

 

両面テープの要領で、片面をボディに接着していきます。 しっかり指で押さえて、ボディとウエザーストリップを接着します。

SONY DSC

 

いかがでしょうか。 しっかりと接着する事ができ、きれいな形に戻りました。

SONY DSC

 

ドアを閉めた時も、この通り。

SONY DSC

 

小さい部分の補修でしたが、こういった細かいパーツにもこだわる事で、車全体の仕上がりがより良くなりました。洗車のタイミングなどで、今回のウエザーストリップのハガレなど、細かな部分もたまにはチェックする事してみてはいかがでしょうか?

次回、車内のシートの汚れ対策を行っていきたいと思います。